Dリング

記 加藤 栄一

サイドマウントの醍醐味の一つとして「コンフィグレイション」があげられます。

身体の癖、ダイビング環境、携行するツール・・・様々な要因を加味し、
完璧なトリム姿勢・脇の下へ水平に収まるシリンダー・よりシンプルで使いやすく自分のサイドマウント器材をカスタマイズしていきます。

コンフィグレイションを行う個所は多岐にわたり、一般的なものだとクロッチベルトの長さ、脇の下のバンジーの種類、ブラダーのサイズ等があげられ、各々にこだわりがあります。

このコンフィグレイションを突き詰めていくと
部品一つ一つにまで、各ダイバーこだわりがあります。
今回はそんな部品一つ一つの世界の話、
Dリングにフォーカスしてみようと思います。

「Dリング」と一言にいっても実はこんなにあるのです。

これはほんの一部
世の中にはもっと多くの異なる形のDリングが存在します。
また、一見同じ形でも材質に違いがあり
重量、強度が変わってきます。
こだわるダイバーは材質までこだわるのです。

デイドリームでサイドマウント講習を受講されたゲスト様の中に
とにかく軽量化を図りたいという事で
軽く・強度の強いパーツを選び、軽量化に挑んだことがありました。
ハーネス部分だけではありますが1㎏以下にまで軽くすることが出来ました。

私のコンフィグレイションはシンプルで使いやすいがモットーです。
そんな私が現在使用している「Dリング」を2点ご紹介いたします。

まずはこちら
Dというよりは四角に近いフォルム
私はこれを腰の位置に装着し
ツールを保持する為に使用しております。

サイドマウントの場合その構造上、腰回り・お尻の位置にスペースが生まれやすく
フロート・カメラ・ツールポーチ・・・等々を
お尻回りに装着するダイバーを多く見かけます。

取り回しがスムーズな点だけでは無く、
胸周りにツールを装着するよりもブラブラせず
全体的なフォルムを流線型にまとめることが出来ます。

そして、もう1点がこちらです。
形は一般的なDリングの形に近いですが
よく見るとラバーバンジーが付いております。
これはシリンダーを保持する為に腰ベルトに配置するDリングです。

このDリングの画期的な点が
ベルト上を自由に動かすことが出来るという点です。
SM講習を受けた方であれば、
シリンダーを水平にする為にDリングの位置の調整に
苦労をした経験があるのではないでしょうか?

エントリー時点では身体に対し水平だったシリンダーの位置は
ダイビング後半、空気の消費と共にシリンダーの底部分が上がりだし
身体に対し斜めになってしまいます。

このDリングであれば水中で自由に動かすことが出来るので
常にシリンダーを身体に対し水平にキープすることが出来るのです。

今回はDリングに注目しましたが
サイドマウントには他にも多くのパーツが存在し
パーツの数だけこだわりの世界があるのです。

そしてこのようなパーツは
近くのホームセンターや
ネットで検索すれば簡単に探すことが出来ます。
きっとその種類の多さに驚かされることと思います。

ひたすら「Dリング」について調べ、
装着し使用している自分の姿を想像し
実際に装着し、あーでもない、こーでもない と試行錯誤を繰り返し
もしかしたら、他のサイドマウントダイバーとDリング談議に花を咲かせることもあるかもしれません。
周りから理解を得るのは難しいでしょう。
しかし、これもまたサイドマウントの醍醐味の一つと言えるのではないでしょうか??

DayDream
KATO