潜り方色々(yokosho)


5月13日 天気:くもり雨 水温29℃ 風:南東

朝からの雨。
朝、潮が高い事と、南東の強めの風でお店の前の海はジャバジャバ。
急遽、穏やかなフィッシャーマンからタンクをローディング。

いざ、海へ出てみたものの、物凄い波風で、体感温度は20℃。
お客様と相談して、安全第一で近くですが穏やかな海で3本潜ってきました。

SUZU2/キャプテン:アーノルド
ガイド・カキウチ

1.JAKESEAPLANE
2.セントカーディナル
3.マリンレイク

私とアキコはマクロ中心のリサーチダイビングをさせて頂きました。

1本目のJAKESEAPLANE。
私は初めてのポイントでした。
JAKESEAPLANEは別名「零式三座水上偵察機」
歴史や沈船に無知な私はここで、DDの沈船オタク歴女のアキコに
何が珍しいのか色々聞いてから海へ。
沈船オタクアキコの話では、グアムやハワイのJAKESEAPLANEは
フロートに穴が開くとひっくり返ってしまっているのに対し、
パラオのJAKESEAPLANEはきちんと上を向いてきれいな状態で沈んでいるということ。
「これはなかなかないんですよ!!」っと、あつーーーく暑苦しく教えてくれました。(笑)
そしてプロペラ。
3枚も折れずにきれいに残っているのもとても珍しいとの事。
おそらく、プロペラが止まった状態で沈んだんのではないかと。

いざ、入ってみると・・・

想像よりもとてもキレイな状態でJAKESEAPLANEが沈んでいて、ビックリ!!
そして更にびっくりした事は、アキコの沈船の観察力??観察の仕方。

飛行機に頭を突っ込んで・・・
何撮ってんだろう??!!??

よく分からない私はというと、周りにいるお魚や沈んだ飛行機の
座席下にたたずんでいるアカククリygを眺め、ここを住処にしたんだなーーーと
思ってみたり、飛行機の壁に張り付くストライプドヘッドを眺めたり。

ヤッコやチョウチョウウオ好きな私はというと、
こちらでしかお目にかからない黄色いヤスジチョウチョウウオや、
初めて見たチリメンヤッコ!!と思って追いかれまわしていたヤッコが、
実はグレーテールエンジェルフィッシュだったりと
とても楽しい1本となりました。

同じポイントを潜っていても全くスタイルの違う潜り方に、
ちょっと興味が沸き、後から
「頭突っ込んで、何撮ってたんですか??」と聞くと
とっても面白い回答が返ってきました。

なんと、エンジンの種類を調べて居たんだそうです。
お店の近くに沈んでいる船に沢山積んであるエンジンがJAKESEAPLANEに
使われていることが多いそうで、ホントにそのエンジンが使われているのか
チェックしていたそうです。
お・奥が深い。。。

詳しい話が聞きたい方は是非一度いらしてみてください。
アキコからアツーーーイアツーーーーイ暑苦しい話(笑)が聞けますよ!!

P.S アキコは機体チェックのあと、きちんとマクロリサーチもしておりました。
(↑ここ重要なので、ちゃんと書いてくださいねって言われちゃいました(笑))

その他はというと、居るとは聞いていたけど、チェックしに行ったことがないお魚探しに
翻弄しておりました。

さてさて、明日はどんな海かな~

+ There are no comments

Add yours